保証人を立てずしてまとまった資金を調達できるのが不動産担保ローン

資金使途が自由で、非常に使い勝手の良い不動産担保ローン。

しかも、まだ他のローンにない魅力があるんです。

それは、保証人を立てなくて良いということ。

まとまった資金が必要になって、ローンを考えるとき、心配になるのが保証人です。

保証人になってほしいと頼むのも勇気がいりますし、そもそも保証人になってくれる人なんて限られています。

場合によっては、保証人になってくれる人がいない場合も…。

やっぱりローンの保証人は、頼む方も頼まれる方もなかなか大変なものです。

でも、不動産担保ローンなら、保証人不要。

なぜなら、不動産自体が担保となり、万一返済できなくなった場合には不動産を競売にかけてそのお金をローン返済に充てることになっているからです。

つまり、万一の際のリスクは大きいですが、保証人を立てずしてまとまった資金を調達できるというのは、やっぱり不動産担保ローンの大きな魅力だと思うんです。

不動産担保ローンだからこそ実感できる融資額の高さ

また、私が不動産担保ローンを利用して実感したのが、融資額の大きさが他のローンとまったく違うということです。

たとえば、一般的なカードローンの場合の融資額は数百万円ですが、不動産担保ローンの場合は、その資産価値によっては何千万円、何憶円と融資を受けることができます。

私の場合、個人での不動産担保ローン利用で、そんなに大きな不動産ではなかったので巨額の融資というわけにはいきませんでしたが、企業などが不動産担保ローンを利用する場合などで価値の高い不動産を所有していれば、かなりの融資額を期待できるかと思います。

不動産担保ローンは、その融資額の高さから、個人・法人どちらからも非常に支持されているローンの一つです。

不動産担保ローンは、不動産という大きな資産を担保にしているため、与信を超える額であっても融資してくれる可能性が高いと言われています。

何らかの理由で、まとまった資金が必要になったときには、他のローンではなく、不動産担保ローンで考えてみるのがおススメです。